不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

メタブを可視化するユーザースクリプトを作りました

概要

 
 2階ブクマとコメントメタブを元エントリーページに生やすユーザースクリプトです。
 

背景

 
 「ブクマカは安全な場所から陰口ばかり」みたいな電波を受信したので、安全な場所を減らしてみようと思いました。
 

使い方

 

ユーザースクリプトの使い方がわかる方

 
 こちらからどうぞ。
 
 Hatena::Let の Userscript 提供は、ヘッダが変なのでおすすめしないです。コードをコピペした方がいいかも。
 

ユーザースクリプトの使い方がわからない方

 
 こちらからどうぞ。
 
www.tampermonkey.net

 なお、ブックマークレットとして使うこともできます。その場合は「bookmarklet:」の右のリンクをブックマークしてください。
 

解説

 

「メタブ」とは

 
 「メタブ」とはメタブックマークの略です。webページをソーシャルブックマークするサービスであるはてなブックマークですが、はてなブックマーク自身もwebページであるため、はてなブックマークはてなブックマークすることが可能です。そのようなメタ的なはてなブックマークを「メタブ」と呼びます。
 「メタブ」には以下のようなものがあります。
 

2階メタブ

 
 ブックマークエントリーページ( https://b.hatena.ne.jp/entry/*** のようなページ )をさらにブックマークすることを言います。
 コメントの文字数制限では言い足りない場合、元ブックマークエントリーの傾向に対して何かを言いたい場合などに用いられることが多いです。
 メタの階層を上げていくごとに「3階」「4階」となっていきます。
 古くは「メタブ」といえば、これでした。
 

コメントメタブ

 
 はてなブックマークではブックマークコメントごとにパーマリンクが存在するのですが、そのブックマークコメントページ( https://b.hatena.ne.jp/entry/***/comment/*** のようなページ )をさらにブックマークすることを言います。
 特定のコメントに対して何かを言いたい場合に用いられます。
 元ブックマークコメントを書いたユーザーに通知が飛ぶので注意が必要です。
 

旧コメントメタブ

 
 フラグメント式のブックマークコメントパーマリンクにブックマークすることです。
 フラグメント付きのURLについてはコメントがまとめられるように仕様変更されたため、現在では思うように動作しません。
 このユーザースクリプトでは対応しません。
 

ユーザーメタブ

 
 はてなブックマークのユーザーページ( https://b.hatena.ne.jp/***/bookmark のようなページ )をブックマークすることです。
 そのユーザーについてメモを残したい場合などに用いられます。
 このユーザースクリプトでは対応しません。
 

「追い出し条項」は必要悪な部分もある

www3.nhk.or.jp
megalodon.jp
 
 
 この辺りの話。当方は賃貸管理業の会社にいて家賃保証会社の中の人ではないので、少し認識が違う部分があるかもしれないけど、こんな感じだと思います。
 

なぜ「追い出し条項」があるのか

 
 通常、3か月の家賃滞納があると、裁判所は「信頼関係の破壊」を理由に、賃貸契約の解除を認めることが多いです。
 賃貸契約が解除されれば、借主は不法占拠ということになるため、建物明渡で強制執行をかけることもできます。
 
 ところが、家賃保証会社は借主が滞納をした時に借主の代わりに家賃を支払います(代位弁済)。そうすると、形式上、貸主は滞納されていないため、「信頼関係の破壊」が認められないことがありました。
 そのため、明渡請求をするために、家賃保証会社はわざわざ代位弁済を中止して、借主の滞納の実績を作る必要がありました。
 これは、貸主に負担がかかるだけではなくて、家賃保証会社としても滞納解決に追加の3か月がかかることになり、コストがかかる処理でした。
 
 そこで、家賃保証会社は保証契約に「無催告にて原賃貸借契約を解除することができる」というような「追い出し条項」を追加することによって、家賃保証会社の代位弁済があっても賃貸契約を解除できるようにしていきました。
 これはこれで、業界全体にとって良いことであったと思います。
 催告があっても家賃3か月滞納をするような借主を、さらに3か月待ってやる理由はないからだろうと思うからです。困ってる人を助けるのは大家の仕事ではなくて政治の仕事です。
 

「追い出し条項」の何が問題か

 
 ところで、明渡請求訴訟は3か月の滞納があったとしてもその事実だけで「信頼関係の破壊」が認められるわけではないです。諸々の事情を勘案して判断されます。(たとえば https://www.retio.or.jp/info/pdf/90/90-146.pdf
 一方で、賃貸借契約に「無催告にて原賃貸借契約を解除することができる」という条項を使うことはできません(借地借家法第28条)。
 しかし、保証契約は借地借家法の範囲ではないので、「無催告にて原賃貸借契約を解除することができる」という条項を使うことができます。この条項が有効であれば、「信頼関係の破壊」について争う必要がなくなることになります。
 
 つまり、「追い出し条項」は「信頼関係破壊の法理」をバイパスしてしまっているのが問題、というわけです。
 

「追い出し条項」の今後

 
 判決を受ける前に、フォーシーズは以下のように条項を変更したらしいです。
 

原賃貸借契約及び本契約における賃貸人・フォーシーズと賃借人との間の信頼関係が破壊された場合には、フォーシーズは、無催告にて原契約を解除することができるものとする

 
 つまり、「信頼関係破壊の法理」を組み込む形にして、借地借家法に沿うようにした、ということですね。
 

蛇足

 
 今後の展開としては、
 

  1. 家賃保証契約を借地借家法の範囲に入れる
  2. 現行の「家賃債務保証業者登録制度」を強化し、免許制にして業者を締める
  3. 明渡請求を非訟事件化する

 
 等が考えられます。1番目はかなりの大工事になりそうなので、判例を元に裁判所が処理しそうな気もする。ただ、今回のケースは消費者契約法第10条による判例なので、万能ではないと思う(テナントとか)。2番目はありがちだけど、免許制ってどうなんだろう。役所のコストと業者のコストは確実に増えるよね…… 3番目もそんなにコストは下がらないかもしれないな…… 
 

賃貸vs持ち家論争のお作法

anond.hatelabo.jp

 
 
 ↑このような記事がありまして。
 
 かねてよりブログで「賃貸vs持ち家論争」を何度も何度も取り上げてきた身としては、記事を書くしかない気持ちになりました。
 「賃貸vs持ち家論争」にはいくつかの前提条件があると思っているのですが、それが論者間で共有されているかというとそうでもないので、本論とは関係のないところでやり取りが発生することもしばしばありました。
 いい機会なので、この前提条件を提示してみたいと思います。
 

賃貸vs持ち家論争のお作法

 

お金の話です

 
 「賃貸vs持ち家論争」は、賃貸と持ち家、最終的にはお金の面でどちらが得か、という話です。
 お金の話をしましょう。
 

住宅ローン利用が前提です

 
 自己居住用の不動産は一般に住宅ローンが利用されます。ですので、一般的な融資条件のことが議論の中に含まれます。
 つまり、金利変動などによって結論が変わります。
 

居住性や幸福感の話はやめましょう

 
 居住性や幸福感など「買ってよかった」というような主観的な話はやめましょう。
 そういったものの価値判断は人によって異なるので、議論をする意味はないです。
 まず、お金の話をしてから、「賃貸の方が生涯で300万円有利だった」などという結果を元に、「幸福感のためなら300万円ぐらいは安い」という主観的な判断をご自分でしてください。
 幸せに値段は付けられません
 

同じ物件で比較してください

 
 一般に、賃貸用に作られた住居の方が、分譲用のものよりもチープです。それらを比較してもあまり意味はありません。
 ですので、同じ物件が賃貸に出た時と売買に出た時の比較をするのが望ましいです。いわゆる「分譲賃貸」に話を限った方が効率がいいです。
 現実的には全く同一の物件だと難しいと思いますから、「分譲賃貸」と「分譲マンション」の市場を構成している物件がおおむね同等であるという前提のもとに、市場全体を比較することになるかと思います。
 

投資は出口までが投資です

 
 お金の話なので、どこかの時点での市場価値で比較します。使用価値は見ないです。つまり、「65歳で不動産を売ったとして」のような条件が入ります。
 ボードゲーム「人生ゲーム」では、ゴール時に家も株式も保険も子供も全部換金して順位を付けますが、そのようなイメージで考えるとわかりやすいです。
 
 含み益はしょせん含み益なので、勝ち誇るのは売り抜けた時か、死んだ時にしてください。ただし、前述の通りここではお金の話しかしませんので、「マンションを買って5年で売ったら300万円の差益」と「家を買って50年住んだら価値ゼロだったが、幸せな暮らしができた」と、どちらが勝ち組なのかについてはヨソでやってください。
 

蛇足

 
 こちらの記事も参考にしてください。
 
realtor-readyabooks.hatenablog.com

麦みその話だけど、あれはある意味で自業自得かもしれない

 
 
自業自得は言いすぎか。なんというんだろ「リスク取った結果」みたいなことが言いたいのです。
 

「みその表示に関する公正競争規約」について

「みその表示に関する公正競争規約」にこうあります。

(定 義)
第2条
……
3 この規約において「麦みそ」とは、みそのうち大豆を蒸煮したものに、大麦又ははだか麦を蒸煮してこうじ菌を培養したもの(以下「麦こうじ」という。)を加えたものに食塩を混合したものをいう。
 
……
 
(不当表示の禁止)
第7条 事業者は、みその取引に関し、次の各号に掲げる表示をしてはならない。
(1) 第2条第1項から第5項までに規定する定義に合致しない内容の商品について、それぞれ、当該定義に合致するものであるかのように誤認されるおそれがある表示

https://www.jfftc.org/rule_kiyaku/pdf_kiyaku_hyouji/miso.pdf

 
 なので、「みその表示に関する公正競争規約」の上では、例のみそは規約違反になる。ここは異論のないところだと思う。
 

「公正競争規約」について

 ただ、公正競争規約に違反したら景品表示法違反かというとそうではないです。

「公正競争規約」は、公正取引協議会の会員に適用され、これを守っている限り、景品表示法に違反することはありません。また、平成26年12月1日から、事業者は景品表示法の規定により、表示等の管理上の措置を講じる必要がありますが、公正競争規約を遵守するために必要な措置を講じている場合は、新たに特別の措置を講じる必要もありません。

公正競争規約とは【一般社団法人全国公正取引協議会連合会】

 
 公正競争規約のワクの中の表現であれば面倒なことは起きませんから、これに従った方が楽ですよ、ということ。
 つまり、刑法175条と自主規制やゾーニングとの関係のようなもので、自主規制を守っている間は警察が直接やってくるということがないのと同様に、公正競争規約を守っている間は消費者庁公取がやってくることがない、というになると思う。
 
 逆に言えば公正競争規約を破っても景品表示法に即座に違反する、というわけではない消費者庁などが消費者の利益保護のため、法に触れるかどうか判断するということでしょう。ただ、消費者庁などと直接ネゴする必要があるのでいろいろ大変だよね、という話になります。
*1
 

「公正取引協議会」について

 そして、「みその表示に関する公正競争規約」を管理してるのは「全国味噌業公正取引協議会」なので、規約に不備があると思うならそちらに言うべきだと思う。

 https://www.jfftc.org/rule_kiyaku/kiyaku_hyoji.htmlによると、規約の最終更新は「H28.04.01」とのこと。こういうケースが他にもあるのであれば見直してもいいのでは、という気がしないでもないです。

 なお、軽くググった限りだと、例のみそ屋さんは公正取引協議会の会員ではないように見えた。なので、そもそも規約の保護を受けられない立場なのかもしれない。
愛媛県醤油味噌協同組合 | みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト
 みそ屋さん的にそれが普通のことなのかどうかはよくわからないですが、私がいる不動産業界では不動産公正取引協議会に加盟しないという選択はありません。

PR

 過去の不動産公正競争規約に関する記事はこちら。
引っ越しシーズンなので違反広告クイズをします。 - 不動産屋のラノベ読み

 人様のブログ記事ですが、面白いな、と思ったのはこちら。
どこまで「銀座」? マンションの名称の使用基準 - 不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
 
 

*1:一部のブコメに「恣意的な判断は良くない」などとあったが、この辺の構造を理解してなお「恣意的」と言ってるのかどうか気になるところ

参政党は「保守の公明党」になるかもしれない

 けっこう近い間柄の親戚が、参政党の事務方にいます。
 
 聞いた感じ+見てる感じだと、内部の結束力が強いように見えるので、このまま上手く組織化できると、小選挙区での票読みができるようになるかもしれない。
 そのような状態まで持っていければ、維新と組んで「小選挙区は維新に、比例は参政党に」という選挙協力で自民候補を破れるかもしれない。
 その流れで自民と維新の勢力が拮抗すれば、参政党自体は議席が少なくてもキャスティングボートを握れる。重要な政策に口を出すことができる。
 けっこうありそうな話で怖い。
 
 参政党と公明党の違いは、カリスマが党の外にいるのか内にいるのか、というところ。
 公明党池田大作氏が党の外にいるので、たとえばPKO法案とか学会員が動揺するようなことを党がやっても、カリスマである池田氏が外から「公明党はどうしようもない」と腐しながらも「みなさんの応援に感謝してます」などとして上手く納めてきたようなところがあります。
 参政党の中心は神谷氏だと思うのだが、彼が何か失敗をした場合、彼のカリスマ性に傷がつき、それが元で党の求心性が失われるかもしれない。これはれいわにも言えると思います。
 その点、維新が橋下氏を外に置いたのは、振り返ってみるとファインプレーだったのではなかろうか。

県庁所在地が(不動産屋的に)「絶対的エース」ではない県8選 ~ 東京・福島・茨城・群馬・千葉・三重・滋賀・山口

県庁が置かれていても「圧倒的センター」とは言えない都市もいくつかあります。

saewataru.hatenablog.com

 という記事がありました。
 地元である茨城県の名前が挙がっていたので、「はいはい、つくば市ですよね」と思いながら開いたところ、まんまとつくば市でした。
 当方は水戸っぽ4代目で、愛着もありますが、まあ、つくばにはかなわないですね。おっしゃるとおり、エースではない。
 
 ただ、ですね。
 この記事は人口を基準として「エース」を決めているようなのですが、県の「エース」とはやはり商業活動が盛んである市ではないでしょうか。
 どれほど人口が多くても、夜間人口ばかりで別の市に働きに出ているのであれば、それは「エース」とはいいがたいと思います。
 
 そして、商業活動を見る手っ取り早い指標と言えば、不動産屋的には地価です。
 というわけで、地価で見た「県庁所在地がエースではない県」を挙げてみたいと思います。
 

地価公示の最高価格値が県庁所在地ではない県

 

県庁所在地 最高価格地
福島県 福島市 郡山市
茨城県 水戸市 つくば市
群馬県 前橋市 高崎市
千葉県 千葉市 船橋市
東京都 新宿区 中央区
三重県 津市 四日市市
滋賀県 大津市 草津市
山口県 山口市 下関市

*1
 
 なんか、県じゃないのが一個混じりましたね。
 しかし、たしかに新宿は東京の「エース」とは言えないでしょう、納得の結果です。
 
 その他、人口基準では挙がっていなかった県で地価基準で挙がった県は、千葉県と滋賀県です。
 千葉県千葉市は、船橋市よりも人口で1.5倍ほど勝ってはいますが、そもそも面積も4倍ぐらい大きく、人口密度では船橋市に大きく軍配が上がります。
 浦安市市川市を含んだ商業エリアの存在感は大きく、千葉市は「絶対的エース」とは言い難いのではないかな、と思います。
 滋賀県は、地価を調べた時に「え?草津市なの?」と思ったのですが、ググってみると『琵琶湖や山林の面積を除いた可住地面積人口密度は(3033.6人/km2、2017年10月)、人口集中地区 (DID) 人口密度は約7,090人/km2[1]となり、大津市とほぼ同じである。*2』とあり、へー!となりました。
 どうやら、人口基準でも「絶対的エース」の座が危ういようです。
 
 人口基準で挙がっていた、静岡・長野・鳥取は、地価基準では外れました。
 静岡県は4位まで静岡市で、5位の浜松市は1位の半分以下の地価です。
 鳥取県も7位までを鳥取市が独占、8位にようやく米子市が登場します。
 長野県は、1位は長野市ですが、2位3位が松本市で、地価基準でもたしかに「絶対的エース」とは言えないかもしれません。
 
 その他、人口基準でも地価基準でも名前が挙がらなかった県で、地価基準だと危ういのが、埼玉県です。
 埼玉県は2位が川口市となっており、元々の県庁所在地であるさいたま市浦和区は5位でした。合併で「絶対的エース」の座を守った形でしょうか。
 

人口でも地価でも絶対的エースじゃなかった5県

 
 福島・茨城・群馬・三重・山口という「なんかわかる」県が残りましたね。
 
 
 

なろう逆行戦記物のすごくおすすめ3作品+α

戦記物といいますか、逆行転生系(タイムスリップをして過去に生まれ変わる作品)で歴史物のおすすめを挙げます。

 作品を以下のように分類していますが、このジャンル分けは私独自のものです。

  • 逆行転生→架空の人物に転生
  • 逆行憑依→史実の人物に転生
  • 逆行転移→普通のタイムスリップ

すごくおすすめの3作品

前世知識と郷土愛で美濃焼を世界一に

陶都物語~赤き炎の中に~

陶都物語~赤き炎の中に~ (HJ NOVELS)

陶都物語~赤き炎の中に~ (HJ NOVELS)

https://ncode.syosetu.com/n9077df/
WEB版:エタり気味
書籍版:打ち切り
コミカライズ版:なし
種別:逆行転生
チート:なし

 幕末の貧農に転生した主人公が、前世知識と郷土愛で美濃焼を世界一に、と奮戦する話。
 知識チートで無双、という感じでなく、悪戦苦闘というか波乱万丈というか。
 ビジネス小説に近い感じで、俺みたいなうだつの上がらない中年リーマンに刺さる内容です。

 書籍版は残念ながら3巻打ち切りとなってしまいましたが、ちょうどそのあたりから陶器の話が少なくなってくるので、これはこれでひとつの終わり方だな、とも思いました。
 
 

2歳で当主って無理がありすぎじゃね(史実)

淡海乃海 水面が揺れる時

https://ncode.syosetu.com/n9975de/
WEB版:エタり気味(外伝更新中)
書籍版:あり
コミカライズ版:あり
種別:逆行憑依
チート:なし

 朽木元綱に転生した主人公が、清酒、椎茸・石鹸という技術チートを生かして大儲けしつつ、周辺の大国をなぎ倒していく話。
 他のなろう作品と比べて、国が大きくなる速度が速いです。もたもたしてると史実通り織田が畿内に入ってきてしまう、という事情もあるでしょうが、そのおかげで他の作品より読みやすい印象です。
 ただ、書籍版の編集とイラストレータについては微妙…… いつになったら正しい勢力図を描けるようになるのだろう?

 なろう転生戦記を読んだことがない人は、これがおすすめかもしれません。
 外伝の「異伝 淡海乃海~羽林、乱世を翔る」もおすすめ。
 
 

主人公は【ネタバレ】なんだけど、実は【ネタバレ】

信長の庶子

https://ncode.syosetu.com/n0921ed/
WEB版:完結
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:なし

 織田信長の庶長子、織田信正として生まれた主人公が、転生者である母の助けを受けて天下統一をする話です。
 この作品のユニークなところは、主人公が転生者の子供である、ということです。しかも、その母も実は【ネタバレ】で、主人公も【ネタバレ】なので、かなりメタ的な話になっています。
 最終話はちょっとグッときましたね。完結済みですし、おすすめです。
 
 

かなりおすすめの5作品

であるかロリ

転生幼女 信長の下克上!

https://ncode.syosetu.com/n9338cs/
WEB版:完結
書籍版:なし
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:なし

 織田信長北条政子に転生する、という異例の転生戦記です。
 つまり、幼女が「であるか」を使うわけで、それだけで読む価値があると言えます。

 内容はコミカルではあるものの、きちんと源平合戦を描いていて、なかなか面白いです。
 完結してますし短めの作品なので、とりあえずちょっと何か読んでみようかな、という人におすすめ。
 
 

棚卸無双

加賀100万石に仕える事になった

https://ncode.syosetu.com/n0561cm/
WEB版:完結
書籍版:打ち切り?
コミカライズ版:なし
種別:逆行転生
チート:なし

 内政無双、というか、棚卸無双小説。
 戦国時代の農民に転生した主人公が、前田利家に仕えて前田慶次のお世話をしたり帳簿をつけたりする話。
 在庫を帳簿につけるだけで前田家がみるみる隆盛に、という、管理部門社畜の夢と妄想が詰まった一作です。

 比較的短めなので、初めてこのジャンルに手を付ける人にもおすすめ、かも?
 
 

上兵は謀を伐つ

復興名家の仮名目録 ~戦国転生異聞~ (旧名:殿と仮名目録の追加案件)

https://ncode.syosetu.com/n3055ex/
WEB版:更新中
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行転生
チート:なし

 戦国時代の農民に転生した主人公が、太原雪斎の弟子になり、今川氏真を支え桶狭間後の戦国時代に飛躍する話、になる予定。
「加賀100万石に仕える事になった」の人が作者ですが、前作が内政無双なら、今作は外交無双ですね。
 とにかく、まともに戦をしないです。主人公、策略をめぐらすわけでもないのに盤面コントロール力が高くて、なんか不思議な感じ。そこが面白い。

 あと、氏真、かっこいいですな。
 
 

腹黒孔明の謀略と戦う

逆襲の劉封 孔明に殺されてたまるか!

https://ncode.syosetu.com/n7457ew/
WEB版:完結
書籍版:なし
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:なし

 中国、三国時代劉備の養子、劉封に転生した主人公が、謀略で殺しにかかってくる孔明の罠をかいくぐっていく話。

 ストレートに面白いです。蜀のマイナー武将が活躍するので、蜀ファンにおすすめです。特に陳到趙雲より活躍してます。
 最後の展開はなかなか熱い。
 
 

意外と泣ける展開も

転生! 竹中半兵衛 マイナー武将に転生した仲間たちと戦国乱世を生き抜く

https://ncode.syosetu.com/n0681de/
WEB版:更新中
書籍版:打ち切り
コミカライズ版:あり
種別:逆行憑依
チート:チャットルーム

 竹中半兵衛に転生した主人公が……、と思ったら、安東茂季、最上義光北条氏規今川氏真、小早川繁平、一条兼定、伊東義益も転生者だった。
 しかも、1月に1回、チャットルームにログインしてチャットができる。

 かなりぶっ飛んだ設定ですが、展開はなかなか面白いです。
 技術の進展のスピードが速すぎて、ちょっと無理があるように感じました。戦国時代に数か月で双眼鏡を作るのは無理じゃね……?
 細かいことを気にせず楽しめる人におすすめします。
 
 

それなりに面白いので読んでもいいかも?な作品

美少女化&ハーレム

藤吉郎になりて候う ~俺のモテ期は戦国時代、姫様達と天下取り?~

https://ncode.syosetu.com/n0467ed/
WEB版:エタった
書籍版:なし
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:なし

 主人公が豊臣秀吉に転生する……とかどうでもよくて、有名大名や武将が美少女化してる世界で、ハーレムものです。
 しかし、そこそこ読めてそこそこ面白いので、困りました。
 おすすめしていいものかも困りましたが、ハーレム展開が嫌いじゃないなら悪くないと思います。
 女子お断り。
 
 

あの青二才さんもおすすめ

戦国小町苦労譚

https://ncode.syosetu.com/n8406bm/
WEB版:更新中
書籍版:あり
コミカライズ版:あり
種別:逆行転移
チート:物品持込(電子書籍スマホ・種苗など)、【ネタバレ】

 農業高校に通う主人公が、技術チートで織田家の農業生産その他を爆上げする話。
 個人的には、作者の右寄りな政治的なアレが文章からうかがえるので、読むのをやめてしまいました。
 でもまあ、これは作品の問題というより、私の問題でしょう。最初の方は違和感なく面白かったし。
 そういうのが気にならないなら、おすすめです。
 
 

大人の事情で更新停止中

信長公弟記~織田さんちの八男です~

信長公弟記 ~織田さんちの八男です~

信長公弟記 ~織田さんちの八男です~

https://ncode.syosetu.com/n1768dx/
WEB版:エタったかもしれない
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:なし

 織田秀孝に転生した主人公が、知識チートする話。
 史実では14歳で織田信次に射殺されているのですが、お話の中ではそこで一命を取りとめて前世の記憶を思い出した、という流れです。
 いかにもなろうっぽい話なので、そういうのが好きな方に。

 現在、桶狭間の直前で更新停止中。
 どうも、宝島社との兼ね合いで更新できないらしいっぽい。
 
 

織田家の長男に生まれたけど嫡男がアレでした

織田家の長男に生まれました

織田家の長男に生まれました

織田家の長男に生まれました

https://ncode.syosetu.com/n0658du/
WEB版:更新中
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:なし

 織田信広に転生した主人公が、特にチートをするわけでもないけど、活躍する話。
 なんか好き。

 あと、吉法師が【ネタバレ】です。
 
 

普通話が秦代の斉で通じるだろうか

項羽と劉邦、あと田中

https://ncode.syosetu.com/n0979ew/
WEB版:更新中
書籍版:あり
コミカライズ版:あり
種別:逆行転移
チート:物品持込(印鑑)

 古代中国に逆行した主人公が、「田中」と名乗ったところ、斉の王族である田氏と間違えられて外交官として活躍する、という話。
 今回ご紹介する作品の中では最古、楚漢戦争の話です。三国時代はそこそこあるのですが。
 さすがに古代すぎてちと無理があるよなあ、と思うのですが、ありがちな知識チートなどはなく、普通に歴史物として読めてそこそこ面白いです。
 主人公が、私と同業の不動産屋というのもポイント。
 
 

医療チート系戦記物

斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!

https://ncode.syosetu.com/n1980eh/
WEB版:更新中
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:前世映像記憶

 斎藤義龍に転生した主人公が、医師としての知識と「前世で見たものは全て思い出せる」というチート能力で人を救い、ついでに天下統一を目指す話です。
 チート能力が強烈すぎるので、技術チートのレベルが「戦国小町苦労譚」と並んで高いです。
 ただ、人物描写が好みで、なかなか読ませる作品だと思います。
 斉藤道三がなかなかかっこいいです。
 
 

友野宗善との商戦が熱い

信長と征く 転生商人の天下取り(β)

信長と征く 転生商人の天下取り ライトノベル 1-2巻セット

信長と征く 転生商人の天下取り ライトノベル 1-2巻セット

https://ncode.syosetu.com/n4364ff/
WEB版:更新中
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行転生
チート:なし

 商人の跡取りとして転生した主人公が、前世知識を生かして、大商人として成り上がる話……のはずが、信長に深入りして無茶振りされる話。
 なんと、書籍版の表紙は「センゴク」の宮下先生です。
 
 

遊郭で衛生チート

江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う

https://ncode.syosetu.com/n8264dw/
WEB版:完結
書籍版:あり
コミカライズ版:なし
種別:逆行転生
チート:【ネタバレ】

 明暦の大火後の吉原の遊郭に生まれた主人公が、前世の風俗営業知識を生かして衛生状態と労働条件を改善する話。
 江戸や吉原の風俗がわかって面白いです。
 ただ、ストーリーは淡々としているので、問題発生→解決のサイクルに飽きてきます。そういう意味では実に時代劇的です。
 飽きたところで読み止めるのが吉。
 
 

登場人物が幕末の志士なのは間違いないのだけど、誰が誰だか調べるのが大変

転生したらタラシ姫~大往生したら幕末のお姫様になりました~

https://ncode.syosetu.com/n2871fx/
WEB版:更新中
書籍版:なし
コミカライズ版:なし
種別:逆行転生?
チート:なし

 幕末の時代に、毛利敬親庶子として転生した主人公が、前世の軍人としての知識的な何かを生かして無双する話。
 お話は安政6年*1、つまり吉田松陰の没年から始まります。
 幕末の志士がわらわら登場しているようなのですが、字だったり号だったり通称だったりで書かれるので、誰が誰だか調べるのが大変です。高杉晋作なんてそれほど有名でもない諱の「春風」をわざわざ使っていますから、あえてわかりにくくしているのだと思います。かなり衒学的な作品ですので、好みは分かれると思います。
 
 

ローカル武将を把握するのが大変

天地海 ~無名武将に転生したので天下は諦めて新潟港を発展させる~

https://ncode.syosetu.com/n8970fy/
WEB版:更新中
書籍版:なし
コミカライズ版:なし
種別:逆行憑依
チート:物品持込(コシヒカリ

 戦国時代の新発田重家に転生した主人公が、直江兼続の謀略を退け、コシヒカリで上杉家に対抗する話。
 初めの方は、全然知らない武将ばかり出てきて困りました。ご当地に詳しい人はより楽しく読めるのではないかと思います。
 
 

*1:作品中では安政ではなく「文長」だが、これは朝廷が希望した元号とのこと。https://ja.wikipedia.org/?curid=48386 つまり、パラレルワールド、ということかと思う。