読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

本当に中国に未知のウィルスがあったのか

 
 私はご覧の通りの平凡な不動産営業ですので、専門的なの所は分かりませんが。
 

昨年の大阪世界陸上女子一万メートル代表の絹川愛(ミズノ)が、今月末に行われる日本選手権を欠場する可能性が高いことが5日、明らかになった。
 
原因不明の感染症が完治しなかったため。
同選手権は北京五輪代表選考会を兼ねており、絹川の五輪出場は厳しくなった。
 
指導する渡辺高夫監督によると、絹川は昨年12月から今年2月にかけ、右と左の骨盤を疲労骨折。
その後、左ひざに痛みが出た。
通常の治療で治癒せず、痛みの部位が次々転移したため、4月に放射性同位元素診療と特別な血液検査を実施。
 
通常の血液検査で正常値だった血液に異常が見つかり、ウイルス感染と診断された。
担当医の松元司医師は、「未知のウイルス感染で赤血球と白血球が変形していた。
国内では報告のない症例。中国の昆明合宿での感染が疑われる」として、昨年3月の昆明合宿中に感染、潜伏期間を経て発症した疑いを指摘する。
7月に英国で開かれる学会で、症例の発表を予定しているという。

ぺぺねた。 【中国ヤバイ】女子1万mの絹川愛、中国合宿で未知のウイルスに感染。赤血球と白血球が変形。国内では報告のない症例

 
 元記事は読売のようなのですが
「通常の血液検査で正常値」なのに「特別な血液検査」で「未知のウイルス感染で赤血球と白血球が変形」が分かったとか、「中国の昆明合宿での感染が疑われる」とか迂闊な発言とか、ちょっとトンデモセンサーに反応を感じたので、少しだけ調べました。
 担当医の「松元司」をググってみたところ、「松元整形外科内科クリニック」にヒット。えーと、形成外科? ウイルス感染なのに?
 で、「特別な血液検査」ですが、このサイトにある「松元萩谷法」とかいう血液検査ですかね。ググってみるとこのサイトにしか引っかからない。「hagiya-matsumoto」では0件。分からない。辛うじて発見したのがこちら。

私が日本、ヨーロッパ、アメリカ8カ国で特許を獲得した松元ー萩谷法を用いて血液細胞を上層と下層に分けて生きたまま採取して、組織培養法で培養します
患者さんに処方された薬が、患者さんの5リットルの血液の中に解けていると仮定し、その3cc中に薬の量を算定します。
算定された薬量を3ccの生理食塩水に溶かし、これを上層と下層の血液細胞に加えて培養し、細胞の変化を位相差顕微鏡で観察して薬との適正を見ます。
(略)
癌の化学療法の場合、松元ー萩谷法で血液細胞の状態を見てから投与を開始して下さい。手術直後の血液細胞は、術前に比べて圧倒的に良くなっております。この時に化学療法を開始すると、自然治癒力を損なって再発が早くなり且つ広範囲に転移を起こします。百害あって一理ありません。
(略)
漢方薬の場合、現在保険が適用されている自然治癒力を司っている血液細胞に有害です。その理由は、多剤内服と薬量そのものの量が多すぎる事にあります。

サプリメントの90%以上は、自然治癒力を司どる血液細胞に有害です。ライーズ、アクチオ等の薬でも有害です。

ビタミン剤について、ビタミンCは400mg以上はすべての血液細胞に極めて有害です。抗酸化作用などはまったく期待できません。誰がこんな無責任な事を、証拠もなしに主張するのか、私には理解できません、通常の食事と果物の摂取で、十分です。過ぎたるは及ばざるが如しの諺通りです。

http://blog.mag2.com/m/log/0000198891/107425736.html?pageno=2

 
 あとですね。
 松元医師は2002年に「ONE THOUSAND GREAT SCIENTISTS」という賞を受けたそうなんですが、その賞を発行しているのは、この機関らしいです。

Like the American Biographical Institute, the IBC states that "entry into our books is based on merit alone and we never charge for inclusion."[1] and whilst this is superficially correct, individuals who pay for inclusion receive a larger entry and are offered specially crafted awards. Further, merit selection is less rigorous with the IBC sending 'invitations' to selected sources who nominates others or is nominated by a third party. It is also possible to nominate yourself for inclusion on their website. [2]

The IBC specializes in creating "awards" and offering them to many.[3] Awards cost the recipient between US$500 and $1495 each, depending on its claimed prestige.[4]

International Biographical Centre - Wikipedia, the free encyclopedia

 英語が苦手なので誰か訳してほしいです(コメント欄にて訳していただきました!)。
 
 
 
 
 最初に述べたとおり、私は科学に関して素人ですので、ご判断はお任せしますし、詳しい方のつっこみを待ちたいのですが。
 
 トンデモじゃねーの?
 
 
 
 追記:200806061730
 ↓やっぱり、トンデモみたい。
http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/archives/59
松元司って何者?
 ↓こちらがよくまとまっています。
幻影随想: 読売新聞のトンデモ記事が見事に爆釣な件
 千島学説系列かー。「血液細胞を培養」と書いてあったから、おやまあ、と思っていたけど。