読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

2歳の娘がちっちゃいママな件

 
 ぽっちゃりしたおなかが素敵なウチの娘なんですが、最近ちっちゃいママを始めたようです。*1
 

お出かけの準備をするちっちゃいママ

私「娘ちゃん、お仕事行ってくるね」
娘「娘ちゃん、かばんもつー」
 お見送りついでに玄関までかばんを運んでくれるちっちゃいママでした。
私「ありがとーね、娘ちゃん」
娘「……さいふ?」
私「ん? 財布はかばんの中だよ」
娘「うん。……けーたい?」
私「ケータイはポケットの中だよ」
娘「うん。……かぎ?」
私「鍵も持ってるよ大丈夫」
 忘れ物確認もかかさないちっちゃいママでした。
娘「うんうん。……ちぇっく」
私「ん? ああ今日のネクタイはチェック柄だね」
娘「かわいいねえ! てらしゃい!」
私「はいはいありがとう、いってきます」
 さりげなくほめてパパのやる気を出させるちっちゃいママでした。
 

お食事の片づけをするちっちゃいママ

娘「ごちそうさまでした!」
 先に食事を片づけてパパのお世話を始めるちっちゃいママです。
娘「ごはんおいしい?」
私「おいしいよー」
娘「うん。(ママの方を見て) ごはんおいしい?」
妻「おいしいね」
 ごはんの味を確認するちっちゃいママでした。
娘「うんうん。(私の湯飲みを指差して)……パパのちゃっちゃないね?」
私「そうだね、飲んじゃった」
娘「もっと?」
私「大丈夫だよー」
娘「うんうん。(私の茶碗を指差して)……パパのごはんないね?」
私「そうだね。食べちゃった」
娘「もっと?」
私「大丈夫よー」
娘「おかわり?」
私「大丈夫だって」
娘「(ママに向かって)もっとごはんおかわりくだしゃい!」
 食べないと大きくなれないよ的な心配をするちっちゃいママでした。
私「娘ちゃん、本当にもういらないからー」
娘「いんない?」
私「そう、もういらない」
娘「ごちそうさま?」
 礼儀にもうるさいちっちゃいママでした。
私「はいはい、ごちそうさまでした」
娘「娘ちゃん、パパのないないするー」
 空いたお皿から片付け始めるちっちゃいママでした。
娘「(ママのお皿を見ながら)ママごちそうさま?」
妻「まだ食べてるよー」
娘「うん。……ないない?」
妻「まだごはん入ってるよー」
娘「まだ?」
妻「うん」
娘「おはしないない!(と取り上げようとする)」
妻「まだ食べてるってばー!」
 早く食べてよ片付かないから的な文句を言うちっちゃいママでした。
 

パパのしつけをするちっちゃいママ

娘「(食べ物のおもちゃを並べながら)はいどーじょ!」
私「ありがとう。ぱくぱく」
娘「まって!」
私「え?」
娘「まって! いただきます!」
 礼儀にうるさいちっちゃいママでした。
私「ああ、はいはい、いただきます」
娘「まって!」
私「……え、なに?」
娘「まって!まって!(じりじり下がりながら)……よし!」
私「俺は犬か」
 実はパパをペットだと思ってるのかもしれないちっちゃいママでした。
 
 
 
 ちなみに、保育園でもお友達の面倒を見たがるそうです。内弁慶だと思ってたのにいつの間にか……
 
 
 
今週のお題特別編「この春に始めたいこと・始めたこと」
〈春のブログキャンペーン 第2週〉

*1:なお、身長が-2.0SDぐらいなので、物理的にもちっちゃいです。