読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

不動産屋がこの先生きのこるために参考にするべき5つのサービス。あるいは Nomad. のステマが癇に障るので早く滅んでほしい件

不動産

 
みなさんこんにちは。どうですかね、最近の不動産屋は。
と、そんなことをいきなり聞かれても困るでしょうけれど、世の中を見る限り「仕事しない癖にぼったくりすぎ」「岩盤規制の中でしか生きられない」「20年後にはなくなってる職業」という安定した評価を頂いているようですね。
正直、物件を作る*1以外にも何らかの付加価値を生み出していかないと、仲介がこの先生きのこるのは厳しいかなあ、と思っております。
 
さて。
そういう斜陽産業の不動産屋ですが、100年後の姿を予感させる新しいサービスがwebを中心に登場していますので、ご紹介していきます。
 

「不動産屋の仕事には価値がないからお安くしておきますね」

「不動産屋には価値がないです」という、ある意味正直な告白をし、「価値がない仕事なのでお安くしますよ」というサービスがあります。
screenshotNomad.(ノマド)

実は中の人がはてなブログを開設してます。
捨てアカウントでSPAMブクマをして3USER取りに行ったり、増田でステマをしたりと、個人的にはやり方が癇に障って仕方がない業者さんです*2。以前はNAVERまとめでステマをしてましたが、さすがに目を付けられたのか、最近ははてなをターゲットにしてるみたいです。
安さをウリにしてるのでしばらくは需要があるでしょうが、結局「競合より安く価値のないサービスを提供する」というビジネスモデルですから、長期的にみると継続性がないと言えるでしょう。そのあたりの事情は普通の仲介屋となんら変わるところがありません。
 
が、しかし。
現状でも数万人の会員がいるらしく、当然、人力で物件紹介は無理なはずですから、SUUMOあたりをクロールして物件情報を集めユーザーの希望条件とマッチングするシステムがあるでしょう。そのマッチングアルゴリズムに独自性があるなら、お金を払う価値があると言えるでしょう。人間を超える自動物件レコメンドサービス、という方向性はアリなのではないでしょうか。
 

「不動産屋の仕事には価値がないから大家と直接やればいいじゃない」

「不動産屋なんて通す必要ないですよ」と、大家と入居者との直接契約を仲介するサービスです。東京で消耗してた頃のイケダハヤトさんが紹介記事を書いて微妙に話題になりかけたのは記憶に新しいところですね。
screenshot不動産・賃貸 物件情報は直談.com(じかだん)大家さんと直接契約可能!

不動産屋を通さず大家さんから直接物件情報を集め、掲載して入居者を募集してます。直接契約なので仲介手数料は一切かかりません。きちんと機能すれば一番理想的なサービスであるはずです。
あるはずなんですが、開設して3年経っても物件数が1000件しかない、というのが不動産屋を抜くことの難しさを表してますね。物件数日本一のHOME'Sは400万件ですから3ケタ違います。自分の希望に合う物件を見つけるのは困難でしょう。
結局、不動産屋を抜こうと思うと、不動産屋が金をもらってしてる仕事を誰がやるんだ、となるわけで。「やる気がある大家」はやるでしょうけれど。
 

「いい不動産屋もいる、悪い不動産屋もいる」

または「いい不動産屋はいい、悪い不動産屋は悪い」とも。
screenshotietty | イエッティ[お部屋探されサイト]

このサービスの特色は、エージェントにフォーカスを当てているところです。例えば↓こんな感じ。

https://ietty.me/users/agent/show/1
いえってぃ君、評価低いっすね……
 
このような感じで、エージェントに口コミとモデレートをしていくことによって、よい物件ではなくよい不動産屋に当たるようにしてるサービスなんです。
良い物件ではなく良い不動産屋を探した - $shibayu36->blog;
↑タイムリーな記事も上がっていました。
運営次第ですが、これは期待できるんじゃないでしょうか。
 

「不動産屋はダメでも持ってるデータはダメじゃない」

不動産屋というのはたくさんの物件情報と契約情報を持っています。それを生かせば付加価値を生むのなんて簡単では、と思わせるサービスです。
screenshot賃貸マンション・賃貸アパートならLR賃貸|グラフ表示であなたにぴったりの物件を選べます

物件情報を見に行くと分かるのですが、家賃×築年数、家賃×広さ、家賃×駅距離、という2軸の散布図がついてます。しかも、このドットひとつひとつがクリッカブル
ということは、近くにもっと駅から近い物件があったり、もっと安い物件があったりするのがひと目でわかるということです。
 
こういう方向性いいですよね。データ分析に専従する従業員を雇って、たとえば物件の原状回復状況やクレームなどの蓄積情報を分析し「相隣関係良好度」を算出するとか、もっと手持ちのデータを生かした仕事ができると不動産屋の評価も変わってくるのでは。
 

「不動産屋頑張れ!頑張れ!出来る!出来る!絶対出来る!頑張れ!もっとやれるって! やれる!気持ちの問題だ!(ry」

↓ここの営業さんとこの前お話をしまして、
screenshotHOME'S(ホームズ)接客グランプリ開催のお知らせ | HOME'S ビジネススタイル

要はミステリーショッパーなんですが、なんでこんな儲からなさそうなこと猛プッシュするんですか? と聞いたら、「社長の趣味というか信念というか、不動産業界のレベルを上げたいという……」とのこと。
 
大丈夫か、株式会社ネクスト。
 

「不動産屋がダメでもリクルートがあります」

リクルートだけは油断ならねえ。
screenshotスーモカウンターで新築マンション・注文住宅など家探し

マンション探しのためにSUUMOカウンターに相談に行ってきた - 面白きこともなき世を考えて
なんだよほとんど不動産屋じゃねえか……こいつら絶対俺らに取って代わる気だよ……
 
 
 

*1:これはマンションを建てるという意味ではないです。たとえば、ただの空家を見つけて大家に接触をし賃貸物件として入居者の募集を始めることは、今まで市場になかった賃貸物件を作ったことになります

*2:http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20140206/1391685320