読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

不動産屋さんは持っててもいいんじゃないかな的地図アプリ「i国土II」

iPhone

 
なかなか面白いiPhoneアプリがあったのでご紹介します。
 


 

用途地域図や小学校区図も見れる

 特に不動産屋さんにオススメするのは、こんなものが地図上で見れるからです。

 
ただし、アドオンで地図を買っていく形式のアプリですので、それぞれお金がかかります。地図データはダウンロードされますので、オフラインでも使用できます。上に挙げたものは国土数値情報ダウンロードサービスを元データとしているものが多いようです。
 

これってGISアプリ?

GISアプリのように見えますが、ちょっと違うようです。ジオプロセシングのような機能は一切なく、それどころか属性情報を検索することさえできません。ですから、せっかくバス停情報をダウンロードしてもバス停名で検索することができないんです。
また、そのデータ形式も独自のもののようです。KML形式と独自形式にエクスポートできますが、インポートはKML不可です。なので、公開されているGISデータをコンバートして利用する、とかいう使い方はまず無理です。これは、「本体無料・アドオン有料」という売り方からするとちょっと仕方がない面があるものの、かなり萎える仕様ですね。
 

移動手段がない

もうひとつ残念な点があって、表示範囲を移動させる手段がGPS測位とスワイプしかない、というものです。つまり、ぱっと表示できるのは現在いる場所だけなんです。沖縄にいる人が東京の地価公示を見たいと思ったら、東京に行って測位するか沖縄からスワイプで地図をスクロールさせ続けるしかないんです。
ジオコーディングとかそういう贅沢は言いませんけど、属性検索があれば駅路線データを使って移動するとかできますし。せめて座標入力で移動があればなあ……、と思わざるを得ません。
追記ご参照ください。
 

アプリが使えるというより

というわけで便利は便利なんですけど、いろいろと使いにくいアプリです。このアプリが使えるというより国交省のデータが使える、ってことなんでしょうね。もう少し使いやすいアプリが出てくれないかなあ、と思っているところです。
 
 
 

i国土II
カテゴリ: ナビゲーション 価格: 無料
更新: 2013/03/10
 
 
 

20130906追記

先日のアップデートで検索機能が実装されました。これは神アプデですね!