読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

数打ちゃ当たる不動産売却査定

不動産

 
 人力検索のアンケートにマジレスするのもなんですが。
 

不動産を売却をしようとしている方に質問です。
あなたはどのような方法で、売ってくれる不動産会社を探しますか?

不動産を売却をしようとしている方に質問です。 あなたはどのよ… - 人力検索はてな

 というアンケートがあって、実に興味深くない結果が出たのでエントリにします。
 

一番高い査定をした会社に信頼できる営業はいない

 この質問は回答数199件でした。人力検索ユーザーにそんなに潜在客がいるとは知りませんでした。ひょっとして、チラシ投げ込むよりも「売り物件募集!」と片っ端からIDコールした方が良いかもですね。
 で、そのQ01とQ02の答えの最多回答が以下の通り。

Q01不動産を売却をする時に、どのようにして不動産会社を探しますか?(択一)
・査定サイトで、一番高く評価してくれた会社 62

不動産を売却をしようとしている方に質問です。 あなたはどのよ… - 人力検索はてな

Q02実際に売却依頼するにあたり、どのような不動産会社に依頼しますか?(択一)
・信頼できそうな営業担当がいれば 81

不動産を売却をしようとしている方に質問です。 あなたはどのよ… - 人力検索はてな

 なんか、矛盾してる感じの結果ですね。「一番高く評価してくれた会社」を選んだ人のうち、「信頼できそうな営業担当がいれば」を選んでいる人の割合は46.8%でした。不動産売却の戦略としてこれは破綻してます。
 なぜなら、不動産屋は媒介*1を受ける為に「売れないと分かっているような高額査定」をすることがあるからです。

その日の夜、お客様のところに、大手営業マンさんから、電話があったらしい。
お客様の話によると、『お客様の物件は、特殊な物件でございまして、当方では査定できませんでしたので、千代田不動産さんが査定した価格の100万円高い価格で売却の専任をください! 千代田不動産さんの査定価格は、いくらだったのですか?』と言ったらしい。

素人さんの為の不動産学校:496) 売却物件の画期的な査定方法・・・・・(^^;)

 まあ、ここまで露骨でバカっぽいことをしたことはありませんが、お客様のとの会話で空気を読んで「正直に査定したら媒介取れないよな……。高めに出して、時間かけて下げさせるか。面談の時、それっぽい含み持たせよー」みたいな査定を出すことは、まあ、よくありました。不動産営業としてはいわゆる「両手」*2を目指すのが基本ですし、ほんとかどうか知りませんが専任媒介*3を取るとその営業の給料にいくらか乗る会社もあるという噂なので、まあ、わりと必死です。
 相見積は一番安かった見積を出せばその金額で請け負わなきゃなりません。でも、不動産売却の査定は一番高くつけたとしてもその金額で売れなくてもいいのです。
 ですから、一番高い評価を出した会社を選ぶということは「一番査定を水増しした営業」か「一番相場観がズレてる営業」を選ぶことになります。たいていの場合、そういう営業は「信頼できそう」とは言えないのです。
 では、どのように査定させたら良いのでしょうか。
 

頭落として平均してみる

 ところで、「一番高く評価してくれた会社」を選んだ人で「良さそうな会社があれば、片っ端に」問い合わせする人は43.5%だそうですが、これもよろしくないでしょうね。
 たとえ、先ほど言ったような「信頼できない」営業が全体から見て少なかったとしても、たくさん査定依頼をすればするほどそういう「外れ」を引く確率が高くなっていきます。自らノイズを呼び込んでそれを選択するようなものです。やめましょう。
 
 しかし、査定をたくさん依頼すること自体は悪くありません*4
 査定結果が出揃ったら、高い査定額いくつかを除外して残りを平均取って見て下さい。たぶん、これでそれなりに信用できる金額になるはずです。
 問題は売却の依頼をどこに出すかですが、売却力がある会社かどうか、というのは見切るのは難しいですから、せめて楽しい売却活動になるようにウマが合う営業に依頼しましょう。不動産営業も人間です、気に入らない顧客の物件よりもウマがあう顧客の物件を頑張りたくなるものです、いやまじで。

*1:売却の委任契約

*2:売主と買主の両方から手数料をもらうこと

*3:ひとつの業者に売却を専任する契約

*4:それぞれの会社から電話営業を受け続けることにうんざりしないのであれば