読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産屋のラノベ読み

不動産売買営業だけどガチガチの賃貸派の人のブログ

「体を冷やすと風邪をひく」わけないだろ常識的に考えて

 
 ↑と思ってたんですが、日本人としてはマイノリティらしいです。
 

しかしANIMEでは「体が冷えて風邪をひく」という迷信が大まじめに出てきます。ちょっと体が濡れたり冷えたりすると、「大変、体を温めて着替えないと風邪をひくわよ!」と言い出します。で、暖かくしなかったせいで本当に倒れてしまうんです!こういうのはたぶんジョークだと思うのですが、日本人は本気で信じているわけではないですよね。

http://ask-john.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_b888.html

 ニセ科学陰謀論の総本山・アメリカに非科学的とか言われるのって国辱モノだと思うのですが、でも「体を冷やすと風邪をひく」は確かに非科学的ですよね。
 と思って読んでいたら、コメ欄もブコメも、高い割合でアメリカ叩きでした。
 
 何故か、誰も「体を冷やすと風邪をひく」ソースをあげようとしないのですが、特に疑問を持たないようでした。
 なんだろう、これ。
「非科学的」って言われたら、反論は科学的にやるもんじゃないの、普通。
 
「体を冷やしたら風邪ひく確率が増えた」統計がないのは仕方がないとしても、ですよ。
「体温が下がったら免疫力が下がる」と主張してるなら、それなりのソースを期待してもいいでしょう。
 ところが、「体温と免疫力の相関」に関するデータも、「体外気温と体温の対応」に関するデータも、全く出てこない。
 そもそも、人間の体温って一日の間でも1度弱変化するんですけど、その変動幅では風邪をひかないのに体を冷やすと風邪をひくってことは「体温と免疫力の相関」に35度あたりで鋭い変化がなきゃいけない訳で、そのソースがないなんて考えられないですよね。
 挙句出てくるのは、逆の実験の話。

brainparasite 健康, 医学, 文化 「風邪は寒さとは無関係」というのが欧米では一般的らしいです。coldっていうのにね。「医学都市伝説」のサイト参照⇒http://med-legend.com/column/urbanleg.html#cold_cold

 
 だいたい「免疫力の低下」がおこるなら、例えばヘルペスなんかもかかりやすくなって良いはずなのに、「体を冷やすと口内炎ができる」とかは言わないのはなんで。逆に、同じく免疫力を下げそうな強度の疲労やストレスの時にも風邪をひかなきゃいけないはず(これはみんなきっと経験あるはず)なんだけど、あんまり言われないのはなんで。
 
 
 いやね。
 つか、私も「体を冷やすと体調を崩しやすい」方なんです。
 血管運動性鼻炎なので温度変化があると鼻水止まらないし、自律神経が疲労して(←これも非科学的な臭いがするなあ)ダルかったり頭痛がしたりしますし。
 でも、それ、風邪じゃないじゃん。

医学的に風邪(かぜ)とは単一の疾患ではなく、かぜ症候群とされる。急性鼻咽頭炎(普通感冒)から急性喉頭炎、咽頭結膜熱、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎等までの総称である。主にウイルスの感染による上気道(鼻腔や咽頭等)の炎症性の病気で、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛など全身症状が出現した状態を指し、このことから上気道感染とも呼ぶ。

風邪 - Wikipedia

 あれ?
 それも風邪なんですか?
 
 
 そうか。
 つまり、あれか、風邪を「体を冷やしたとき現われる体調不良の総称」と定義し直せばいいんですね。
 てことは、あのアメリカ人に対する最良の回答は「日本の『風邪』は感冒よりも広い概念です。つか、お前らが非科学的とか言うな」で良いことになりますね、なるほど。